忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/10/17 20:18 |
ラスベガス④

ランスバートンのショーを楽しんだ後に、ビールをかったり

ちょっとした買出しにスーパーへ。

戻ってから営業の男性の部屋へ行き、ビールを御馳走になり

ヘラヘラ話したりしてた。

女性陣は何故か男性の所に来ないので、私一人で乗り込んでいった。

しばらくユックリした後、部屋に戻るとYさんが話しかけてきたと思ったら

途中から泣き出すし。

もーこの人の酒乱ップリにあとどれだけ付き合わされるんだろう?

私のこの我慢を誰か表彰して欲しい!

その夜は、カジノへ繰り出しベラッジオのカジノで有名な

”ストロベリーダイキリ”を飲んだ。美味しかった!!

お酒を運んでくるオネーさん超セクシーだし。プリンプリンッ。

次の日(もうこの辺りから記憶がグジャグジャですので日にちは無私してください)

本当はスカイダイビングに行こうとしたんだけど

うまい具合に予定が組めなかったので

室内スカイダイビングに行く事に。

4人で出かけた。(課長、上司、営業の女性、ワシ)

したら、昼まで予約がいっぱいとの事。

予約だけ入れて、又後で落ち合うことに。

建築の課長(Kさん)と一緒にプラプラ

マーケットめぐりでもしようという事になり、その合間に

ベラッジオの噴水ショーをみたりもした。そんで、歩いていると

営業の男性2人と遭遇。4人でプラプラしに行く事に。

スーパーの中のくだらないおもちゃで大いに遊ぶ。(迷惑ですなー)

M&Mのお店やコカコーラのお店も見てみた。

しっかし、欲しいもの全然無いねー。

スーパーで日焼け止めと世界地図買っただけだよ。

で、時間になったので、営業の2人に別れを告げ、タクシーでKさんと向かう。

途中、明日の予定を聞いてみた。何で?といわれたので

原爆の(核の)博物館があるみたいだから一緒に行ってくれませんか?と。

いいよー!行こう行こう!と乗り気だったので良かった。

誰もこれに行きたいと行ってくれなくていけないかと思ったんだ。

とりあえずホッ!!

室内スカイダイビングに着いたものの

うちらのグループと一緒のもう1つの4人組がこない。

オイー!時間守れよーー!

20分遅れで着た高校生ぐらいの若いグルーピー。

イントラの人が、「準備はいい?」って

さっきからずっとイイよ。

で、15分くらい説明をうける。

手で合図するからこの合図の時は顔を

もっと上げろとかそんな説明から

怪我しても構いませんっていう承諾書かかされたり

やっとこさ、ウェアが配られ

耳栓やメットも配られたのだけど

耳栓入んないんだけど・・・。

耳の穴がチョット小さいみたい。

もう1人のイントラの人がアハハと笑って手伝ってくれたんだけど

痛い!耳引っ張らないでよ!もうッ!

メットも被せてくれ(メットくらい被れるっちゅーに!)ニッコリ。はい、アリガトヨ。

最初に若いグルーピーが入り、始まった。

宇宙空間を体感するような空間といえばわかるかなー

とりあえず筒状の部屋に入る。

うちらはその後だからドアの窓からとリアルタイムのビデオをみるかどっちか。

部屋の中の下にでっかいプロペラがあってその風圧で飛ぶ
(スカイダイビングと同じ状態を作り出す。)

詳しくはコチラ参照。

で、アメリカの若者はデカイ。女も一人いたけどデカイ。

浮かんだ後他の人と代わる際イントラにガシと摑まれ、投げられてる!!
(廻りはスポンジでレスリングのマットみたいになってる)

コワッ!!しかも、なんかミンナ下手っぴー。そんなに難しいのかしら?

とか言いつつもうちら4人とも爆笑!

ごめんよ若者!だって面白いもん。

窓から見ていたら一階飛び終わった男の子がゼスチャー
(声とか聞こえないので)

”どうだった?”

と聞いてきたので”良かった!良かった!”と笑顔で対応しておいた。

出てきた彼らは汗だく。”うまかったよー!”って伝えたら

”本当?楽しんで!外からみてるね”って。

いや、見なくていいよ・・・。

で入ろうとしたらイントラが手をサッっと出してくれた。え。

この段差、確かにあるけどさ。

チョット緊張気味だったので、嬉しかった。

しかもワタシ好み!何系の人だろう、アラビック?かな?

ま、カッコいい訳ですよ。

で、先ず受身の練習。

プロペラが回ってない状態でトランポリンみたくなってる網の上でジャンプして受身。

それで、結構へばった・・・。

最初はKさんが飛んだ、すぐに浮いて”おぉーうまい~”って。

次、ワイ。 

なんと~ワタシ~自慢じゃないけど~バランス感覚いいらしく~
(この”~”ウザイですね。)

スゴイ飛んだの!イントラの人が焦ってた。ジャンプして捕まえてくれて、

お姫様抱っこで降ろしてくれたわ♪そして起してくれた。

ルルル~カッコイイー!

「いい感じ!うまい!」だって、えへへ。

その後も何度か飛んだ。超楽しかった!!

出るとさっきの若者グルーピーが。「すごいうまいじゃーん!」って。

アリガトウ!つーか時間これからは守れよ!イントラの人も出てきて

しばし話した後、次のグループがきたのでバイバイ。

さよなら私の中のイケメン!

営業の女の人が「なんか、ありんこサンに優しかったね。あの人。」

えっ!ちょっと嬉じゃないのさ。ウハハ~。

余計に姿勢が伸びちゃうわ♪

次の日はKさんとお昼から核の博物館。

何時という約束はしてなかったので

部屋に行ってもいないし携帯に何度かかけたら

カジノでチップをあげるタイミングを逃して凄く良いディーラーだったのに

シマッタ!!となり

自分への罰として歩いてるとか何とか。

え・・・じゃあ核博物館は・・・?というと忘れていたらしく

すぐ戻ってくれるとのこと。戻ってきたところでKさんの部屋へ乗り込み

どうやって行くかを決めながら

Kさんは顔を洗ったりしてて、Kさんがボソリと

「ここさ、昨日ちょっとガイドブック見ておいたけど、

ありんこサン怒るんじゃないかぁ?ちょっと捉え方が違うかんじだよ?

リトルボーイ(広島に落とされた原爆)の塩と胡椒入れとかあるみたいだし・・・。

いいの?」

それでも見てみたい!と言ってタクシーで向かった。

入って最初にスクリーンなどがあってジーと見ているとアメリカ人かな?

夫婦がいて「あ。日本人よ!」って声に出さんでもいいがな。

何か?

そのあとも、ラスベガス近郊で行われ続けていた核実験

。その周辺に住む人の被爆の状態。

それはそれは悲惨なものだった。

それでもそのミュージアムは核の賞賛のほうが目に付いた。

当たり前だけど全て英語表記だから、分からない事も多かった。

で、ショートムービーみたいなのを個室でみたんだけど

爆風と音を体感できるというスペース。

Kさんが今から見れるみたいと誘ってくれたので見てきた。

音はあまり大きな音ではないけど爆風は凄かった。

それも爆心地からだいぶ離れてる状態で。

一緒にいた子供はキャッキャ喜んでいた。

Kさんが何度か「大丈夫?」と声をかけてくれた。

それは、見ながら、被爆した土地の森の写真を見ながら

私が涙を流していたから。

その空間の中で、私は、少しボンヤリとしていた気がする。

記憶の中では灰色の記憶だ。

出口のところにはテロ事件の現場、貿易センタービルの破片があった。

そのまま、無言で出た。

帰ろうとしたけど、タクシーないよ。受付でタクシーを呼んでおくれ。

と頼むと、20分はかかる。とのこと。

嘘でしょ?もっと早く捕まる場所は?

と聞くとまっすぐ行くと消防署があるからその先でつかまると思う。

アバウトだなー。さっきの感傷的な気持ちから一気にもどる。

仕方ないから歩く事に。

で、Kさんと色んな話をした。面白い!笑いながら歩いて、楽しかった。

こういう人と一緒にいたいなー。と思った。あ。恋をしました、とかではないけどね。

そして、Kさんと”ラスベガスの鉄則”なるものを作った。

①全ての場所はカジノを通って行け!
②全ては張りぼての世界だ!気をつけろ!
③笑顔の裏にはチップがある!
④カジノで、はぐれたら会えないと思え!
確か、⑧ぐらいまで作った気がする。忘れたけど。ことあるごとに、

「鉄則①全ての場所はカジノを通っていけ!」とか2人で言っていた。

アホですね。

で、消防署はあったんだけどタクシーの気配も人の気配もないので

歩き続けて喋り続けてたら

オイ!ホテル着いちゃったよ!意外と近いな。

最後の日だったから又夜はみんなと食事。

鉄板焼に行った。ウマウマと頂き、部屋に戻ってから、

Kさんのところへ行きほろ酔いでしたので、またペラペラ話

右よりの話になったりペラペラ。

しばらくして部屋に戻ったらYさんがいて、チョット話したら

きましたー!泣上戸!うぅ・・・とか泣き始めて。きついよアンタ・・・。

まだ帰りたくないけど、この酒乱とお別れできるのは本当に嬉しい!!

長かった!!

トイレにそそくさと逃げ込んで、しばらくして出てきたら

Yさんベッドの上で肩肘ついてイビキかいて

寝てるし!アンター凄いよ・・・。完敗っす。

で、営業の女の人とスロットに少し行き、そこでも愚痴を聞かされる。・・・。

何でも、専務(遊び人)が女性はドレスアップしてねーと言ったくせに、何の賞賛もないとのこと。

会社の人に何を求めているんだい!   

この会社おかしな人多いなぁ・・・。

で、適当に聞いて、ストロベリーダイキリを飲んで部屋に帰って荷造り。

しばらくしたら専務たちが部屋にきて荷造りを手伝ってくれとのこと。

手伝い終わって男性人は夜の街へ行くとの事。

一緒に行く?と言われたけど、

ただ飲むだけじゃなさそうだった(当たり前?)のでサイナラ~!

と部屋に戻って寝た。

最後、まだ少しあります。=続く!

 

PR



2007/02/05 17:00 | Comments(2) | TrackBack(0) |

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

原子爆弾に対する考え方ってどちら側から見るかで全然違いますよね。以前広島の被爆者が原子爆弾の開発者(?)かなんかに会ったとき、そのアメリカ人は「謝る必要なんかない。謝れと言うのなら、あんな状況を招いた自分の国の政治家(だったか何だったか正確な言葉は忘れました)に謝罪要求しろ」って言ってました。すっごいむかついたけれど、あれが向こうのロジックなのか、と思いましたよ。
posted by うに at 2007/02/05 17:50 [ コメントを修正する ]
うにサン
落とした方と落とされたほうですからねぇ、違って当たり前なんでしょうけど・・・。何だかねぇ。広島に住んでたものとしては、ちょっとソレはさ・・・と思うわけですよ。戦後60年で原爆を投下した人だったか、作った人だったかが広島に来て特集を組まれてましたが、資料館でも、コレだよコレ!とか落とす目印だった川とか笑って話してる時ぶん殴ろうかと思いましたし、被爆者が謝罪して欲しいといったら「こういう言葉がある。”Remember Pearl Harbor!”」って言ってましたけど、つーか真珠湾攻撃だってアメリカが仕組んだんじゃん!って。非を認めることもしようよ・・・と言いたかったけど、何とも・・・。
2007/02/05 22:10
ラスベガスに核博物館なんてあるんだね。知らなかった。
どちら側から見るかで本当に捉え方が全然違いますね。核を功績として称えているのには、こっち側としては結構ショックだよね。
でも、核ではないけど韓国人や中国人が日本を嫌いだったりすることに対して、日本人の中には「そんな昔のこといつまで言っているんだ」とか「あれは"戦争"なんだから仕方ない」とかって言う人もいる。このことに関して、アメリカに対する日本と、日本に対する韓国・中国の感情って同じなのかなと思ったりする。
やった方とやられた方、お互いに歩みよらないとこのままずっと平行線なんだろうね...
posted by meow at 2007/02/11 10:48 [ コメントを修正する ]
meowさん
そうなんですよー!あるんですよ!

全然違って、あぁそんなもんかなぁと。でも、同じ国でも被爆者が出ているのに、(実験などで)・・・って。核を兵器として扱うのはもういいです。タダでさえ、原発の問題だって山積みなのに!!

中国のことも・・・。うん、これを読んで確かにアメリカ:日本 中国・韓国:日本って同じ感じだなぁと思いました。 深い問題ですよね。
2007/02/13 16:33

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ははぁ~ん | HOME | えーー>>
忍者ブログ[PR]